ホーム > ブランド > シマノネ > 柄別

パイナップル青海波

パイナップル青海波

沖縄県産のパイナップルを輪切りにして重ねて並べてみると、伝統文様の「青海波(せいがいは)」のように見えます。 どこまでも広がる大海原に絶えず繰り返される穏やかな波のように、 平穏な暮らしがいつまでも続きますように、という願いが込められています。

designer: Nanako Arakaki

赤瓦

赤瓦

沖縄の昔ながらの家と言えば、赤瓦屋根が定番です。大きな青い空に赤瓦屋根のコントラストは、身近でありながらとても美しい島の風景です。赤瓦屋根の下に人々の暮らしがあり、家族の営みがあります。その赤瓦屋根から生まれた、温かみのあるチェック柄です。

designer: Moe Matsuda

おじーのヘチマ

おじーのヘチマ

ヘチマは沖縄で「ナーベーラー」として親しまれ、代表的な夏野菜のひとつです。おじーが育てたヘチマをおばーが炒め物にしてくれた、など各家庭の想い出の味だったりします。暑い日差しの中、家の軒先や畑にぶら下さがったヘチマを見かけると涼しげな気分になります。

designer: Yukari Sueyoshi

シーサーミンタマー

シーサーミンタマー

「ミンタマー」とは沖縄の言葉で目玉のこと。昔からシーサーは青空の下で家や人々を災難から守ってきてくれました。そんな本来のシーサーの姿を、見守っている目をモチーフに親しみやすく表現しています。あっちを見たり、こっちを見たり、微笑んでいたり、愛嬌たっぷりのミンタマー柄です。

designer: Momoko Komine

吉祥ハイビスカス

吉祥ハイビスカス

「アカバナー」として親しまれ、道端や軒先に一年中あたりまえのように咲き乱れるハイビスカス。その鮮やかで強くたくましい横顔と、人々の幸せを願う吉祥文様を掛け合わせて生まれたデザインです。繋がり合うハイビスカスは人と人との結びつき、向かい合うハイビスカスは対話や子孫繁栄を表しています。

designer: Sumire Nema

島の夕暮れ

島の夕暮れ

朝、昼、晩と毎日海を見つめていると、水面はさまざまに色や表情を変えていきます。この柄は夕日にきらめく海の水面をイメージしました。自然と寄りそって暮らしてきた島の人々の、穏やかで柔らかな視点を象徴するようなデザインです。自然と人間の優しい関係が、これからも続いてほしいという願いも込められています。

designer: Momoko Komine

クバ笠

クバ笠

神の木ともされるクバの大きな一枚の葉からクバ笠は作られます。海や畑で作業するおじーおばーはもちろん、子供たちの小さなサイズもあり、島では幅広く愛されています。ところどころにあるハイビスカスの花とあご紐がデザインのポイントです。

designer: Moe Matsuda

サングヮー

サングヮー

ススキの葉などでさっと手作りする、身近な魔除けのお守り「サングヮー」。食べ物が痛まないようにお弁当や重箱の上に乗せたり、遊びに行く子供に持たせたりするものです。沖縄ならではの愛情深い風習をモチーフにしたサングヮー柄は真心のこもった贈り物にぴったりです。

designer: Riko Uchima

ハイビスカス

ハイビスカス

島のゆったりと流れる時間に身を任せ、風の波に乗っておおらかに堂々と揺れているハイビスカスをイメージしました。沖縄の空や海、緑が広がる風景の中で鮮やかに咲き誇るこの花の色は、島の人や訪れる人の胸に刻まれています。この柄を見て、なつかしい島の風景を想い浮かべてください。

designer: Riko Uchima

ガジュマル

ガジュマル

物語にもよく出てくる沖縄の原風景、人々の心に根を張り続けるガジュマルの木をモチーフにしています。幹が幾つも重なり、支え合っているように見えるその姿から、無造作に絡み合うストライプが生まれました。シンプルな中にも、ガジュマルの力強さや温かみが感じられるデザインです。

designer: Takashi Asato

ゴーヤーしましま

ゴーヤーしましま

縦に切ったゴーヤーの縞々模様です。ゴーヤーの特徴的で不揃いなつぶつぶは、多様な人や文化を象徴しているようにも見えます。それが繋がって、どんな人も手をつないでいるような沖縄の”いちゃりばちょーでー(一度会ったら皆兄弟)”精神を表現しています。

designer: Momoko Komine

のまんじゅう

のまんじゅう

赤い「の」の字がトレードマークのおまんじゅう。その可愛らしい姿から「のまんじゅう」と呼ばれ、古くから沖縄の人たちに愛されてきたお菓子をモチーフにデザインしました。赤い「の」の字は「のし」の「の」とも言われ、縁起物でもあるようです。沖縄らしい温かさや小さな幸せがつまったデザインです。

designer: Nozomi Shiraishi







su+×シマノネ


2-1 2-2


苧麻(ちょま)などの繊維を細く長く撚りあわせ糸にする作業を績む(うむ)と呼びます。布になる前の糸、糸になる前の植物繊維をイメージした柄には、自然物に最初に人間の手が加わり、無から有が生み出される様子が示され、子々孫々に連綿とつづく人間の営みにも似た尊さが表現されています。




2-1 2-2



宮古上布の柄の一つに「パザ」と呼ばれる網代編みのモチーフがあります。ある宮古上布の織り手の方は「パザが宮古を代表する柄だ」とも。宮古の工芸は、クバやアダンなどの植物を使い、生活用品を編んだことに起源を持つと推測されます。そんな宮古島を代表する柄をアレンジしました。





2-1 2-2



あらかじめ文様に従って染めわけた糸で降り出される柄を絣(かすり)といいます。その技法はインドで生まれてベトナム・インドネシアなど東南アジア各地で発展し、14〜15世紀に琉球へ伝わりました。その柄一つひとつに、土地の歴史と文化に根ざした意味と名前があります。鳥・爪・風車・犬の足跡など、かつて宮古島の織物に頻繁に登場したモチーフを選び、その新しい魅力を伝えるべく大胆にレイアウトしています。





2-1 2-2



あらかじめ文様に従って染めわけた糸で降り出される柄を絣(かすり)といいます。その技法はインドで生まれてベトナム・インドネシアなど東南アジア各地で発展し、14〜15世紀に琉球へ伝わりました。その柄一つひとつに、土地の歴史と文化に根ざした意味と名前があります。鳥・爪・牛のスキ・豚の餌箱など、かつて宮古島の織物に頻繁に登場したモチーフを選び、大胆に縞状にレイアウトしています。




104 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 次のページへ最後のページへ

祝儀袋 のまんじゅう  シマノネ

祝儀袋 のまんじゅう シマノネ

商品価格648円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

祝儀袋 ガジュマル  シマノネ

祝儀袋 ガジュマル シマノネ

商品価格648円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み




さんぴん茶 AMU    su+×シマノネ

さんぴん茶 AMU  su+×シマノネ

商品価格972円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

飴入り小箱 AMU  su+×シマノネ

飴入り小箱 AMU su+×シマノネ

商品価格626円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
飴入り小箱 UMU  su+×シマノネ

飴入り小箱 UMU  su+×シマノネ

商品価格626円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
小箱 KASURI SHIMA   su+×シマノネ

小箱 KASURI SHIMA  su+×シマノネ

商品価格421円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

小箱 AMU    su+×シマノネ

小箱 AMU   su+×シマノネ

商品価格421円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
小箱 UMU   su+×シマノネ

小箱 UMU  su+×シマノネ

商品価格421円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


104 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 次のページへ最後のページへ