ホーム > 「ひと手間」がもたらす豊かな時間 彩ごはん×やちむんの食卓 > 【 6 】白花豆の含め煮



 「ひと手間」がもたらす豊かな時間 やちむん×彩ごはんの食卓

[6]白花豆の含め煮

沖縄の陶器「やちむん」を使って、まずはできる範囲からでも手をかけたお料理をしっかりと作り、自分らしい食卓を楽しむためのこの企画。那覇市首里の沖縄料理のお店「彩ごはん うない」の運天姿子(うんてん しなこ)さんに伺って、お料理の作り方とポイントをご紹介していきます。


今回ご紹介するのは「白花豆の含め煮」。白花豆はいんげんの仲間にあたる肉厚の豆です。柔らかく煮込んであげると、きび砂糖の落ち着いた甘さと組み合わさって、付け合わせやちょっとしたデザートにぴったりのお料理になります。盛り付けは、小皿にちょちょいっ、と3〜4粒だけ上品にのせるのがおススメ。やちむんの小皿ももちろんいいですが、これからの季節にはガラスの小皿もぴったり。涼しさを演出してくれるので、ぜひ一度お試ししてみてくださいね!

白花豆の含め煮




[白花豆の含め煮の作り方](8〜10人前)

材料 材料
・白花豆(白いんげん豆) 300g
・きび砂糖 350g
・塩 小さじ1
・粉黒糖 大さじ5











1. 下準備として、白花豆をきれいに洗い、たっぷりの水を加えて一晩ひたしておく。

2. 1をまるごと鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら煮込んだ水を捨てる。

2-1 2-2



3. 豆全体がかぶるくらいの真水を加えて紙蓋をして煮込む。時々さし水をしながら豆がやわらかくなるまでとろ火で煮る。

3-1 3-2



ひと手間ポイント

ひと手間ポイント!

下準備の段階で一晩漬け込むのに加え、じっくりゆっくり煮込むことがほろりと柔らかく仕上げるコツ。他の料理よりも先にとりかかって、じっくり時間をかけて煮込みましょう。



4. 3に砂糖と塩を加え、砂糖が溶けるまで煮る。混ぜなくても砂糖は溶けて広がるので、かき混ぜる必要はなし。火を止め、しばらく置いて味を含ませる。

4-1 4-2



5. 盛り付けてできあがり!豆皿、三寸皿にちょこんとかわいらしく盛り付けてください。

三寸皿(線唐草)/陶眞窯
■三寸皿(線唐草)/陶眞窯
 


小皿(コバルト)/ノモ陶器製作所
■小皿(コバルト)/ノモ陶器製作所
 


豆皿 大(カチガエシ)/Glass Studio 尋
■豆皿 大(カチガエシ)/Glass Studio 尋
 



撮影協力/首里 彩ごはん うない
住所/沖縄県那覇市首里汀良町1-32-1-1F
TEL/098-988-9595
http://u-n-a-i.blogspot.jp



[今回使用した器]

5 件中 1-5 件表示 

豆皿 大(ブドウ)/Glass Studio 尋

豆皿 大(ブドウ)/Glass Studio 尋

商品価格1,296円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
豆皿 大(スミレ)/Glass Studio 尋

豆皿 大(スミレ)/Glass Studio 尋

商品価格1,296円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

小皿(コバルト)

小皿(コバルト)/ノモ陶器製作所

商品価格1,080円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
三寸皿(線唐草)

三寸皿(線唐草)/陶眞窯

商品価格1,512円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

5 件中 1-5 件表示