結市 - ゆいまーるマーケット
除菌・消臭・防カビ剤 毎日の暮らしを守るパナセア

ホーム > ブランド > nife > nifeについて > 育てるうつわ(貫入のおはなし)




陶器には「貫入(かんにゅう)」というものが起こります。
釉薬の層にはいるヒビのような模様のことです。
割れたときなどのヒビとは違い、表面を撫でてもつややかで当然水漏れなどはしません。
陶器は焼成後、ゆっくり冷ましている時間に多少収縮します。
そのときに素地と釉薬の収縮率に差があるため、釉薬層にヒビが入ります。
そして使うほどに貫入が育っていきます。

nife arabesqueシリーズの器も陶器ですので貫入が見られます。
窯から出されて生まれたそのときから、時は経ちはじめ
あなたの手元で使われている間も
食器棚の中で待っている間も
素地が空気中の水蒸気と反応し少しずつ膨張します。
膨張しない釉薬とのズレによって貫入が育ちます。

あなたに合わせて器が馴染んできた証、経年貫入。
「やちむん(焼き物)が育つ」と作り手の方はおっしゃいます。
作り手の方がやちむんを産み、あなたの手に渡る間nife arabesqueは育っています。
どれくらい育っているかを、使うたびにお楽しみいただければと思います。





nife<ニーフェ>トップへ